資格試験最短合格勉強法 中村一樹 レビュー

 
「平成の資格王」の勉強法は、やっぱり違っていた!

詳細はこちらをクリック


「平成の資格王」と呼ばれる中村一樹氏や、超難関資格試験に短期間で一発合格してしまう「達人」たちの勉強法は、一般受験生の勉強法と何が違うのか?


ここでは、その違いを理解するヒントについて述べます。


特に、必死に勉強しているのに成果が出ないとか、そもそも勉強方法が全くわからないという方は参考にしてください。


いま、60%正解すれば合格できる資格試験があったとします。あなたなら、次のどちらの勉強法を実践しますか?


@ 2年後に90%正解できるが、1年後にどれだけ正解できるか不明。
A 3ヵ月後に65%正解できる。


違いを際立たせるためにちょっと極端な設定にしています。このように書くと、Aを選ぶ人が多いのではないでしょうか。Aの勉強法なら、3ヶ月で合格できる事になりますから。


しかし、実際は、@のような勉強法を行っている受験生が多いのです。予備校に通ってみっちり勉強している場合や、分厚い参考書を制覇するような勉強のやり方をしている場合は@なのです。


「平成の資格王」こと中村氏も、参考書は薄ければ薄いほど良いと断言しています。


難関資格試験であれば、分厚い参考書を使って詳しい知識を身につけておかなければダメなような気になりますが、話はそう単純ではありません。


詳しい知識をインプットしても、消化不良になったり、試験に出る重要ポイントがボケてしまっては本末転倒なのです。


実は、薄い参考書を使うことは、脳の性質上、理に適っています。人間の記憶は、勉強した知識を忘れるようにできています。これは、エビングハウスの忘却曲線で有名な事実ですね。


勉強した知識をしっかり脳に定着させるためには、繰り返し復習と確認を行うしかありません。しかも、できるだけ短時間に何回も・・・。


だから、薄い参考書が良いのです。


さて、いま説明した事はAの勉強法の一端です。全体像を知りたい方や、具体的にどのように勉強を進めたら良いのかを知りたい方は、中村氏の「資格試験最短合格勉強法」を参照してみてください。


詳細はこちらをクリック





中村氏自身の実績は驚異的です。
取得した資格は、なんと452個。
しかも、難関資格がゾロゾロ。


そして、当然といえば当然ですが、ジャンルを問いません。法律系、会計、コンサル系、語学、・・・、何でもアリです。


なぜこんな事が可能なのかというと、資格試験の受験勉強にはハッキリとしたコツがあって、一旦そのコツを理解してしまえば、どの資格試験にも通用するからです。


ところで、こんな疑問を持っているかもしれませんね。


「資格試験最短合格勉強法」って、誰でもできるの?


できます。2,000人以上の人が実践して結果を出しています。だから、あなたもきっとできるはずです。


ただ、1つだけ懸念を言えば、多くの受験生が行っている典型的な勉強法をキッパリと忘れる事ができるかどうか。それがポイントです。


中村氏を信じて、資格試験合格に焦点を当てた勉強法を実践すれば、難関資格の短期合格が見えてきます。しかも、1つと言わず、複数資格も・・・。


詳細はこちらをクリック




【資格試験最短合格勉強法】のレビュー、口コミ、効果などの情報を公開しています。【資格試験最短合格勉強法】は、「平成の資格王」と呼ばれる中村一樹氏が452個の資格試験に合格した非常識な勉強法です。




行政書士試験短期合格術 小野たかひと レビュー


試験に受かるユダヤ式記憶術 松平勝男 口コミ


宅建最短合格音声講座2010 松村保誠 レビュー